スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

付箋や写真をホーム画面上に配置する「コルクボードウィジェット」



付箋や写真をホーム画面上の自由な位置にレイアウトすることができるウィジェットアプリ「コルクボードウィジェット」です。

cork2.png

詳細は「続きを読む」からどうぞ。





ウィジェットサイズは、4×4、4×5、5×4、5×5の4種類。
まずウィジェットの設定を実施します。ドロワーからコルクボードウィジェットを選択して起動しましょう。
コルクボードが表示されます。

cork3.png

コルクボードの下部に「音声」「テキスト」「手書き」「写真」のアイコンがあります。
「音声」アイコンをタップすると音声入力で付箋を作成することが可能。
「テキスト」アイコンを選択すれば文字入力でテキストを作成することができます。
それぞれテキストを作成した後、フォント設定ボタンからフォントサイズとフォントカラーを選択することができます。

cork4.png cork5.png

フォント設定が完了すると、付箋アイテム編集画面に遷移します。
ここでは、付箋を留めるピンのデザインと付箋のデザインを選択できます。
「テーマ購入」ボタンからマーケットに飛んで有料のテーマを購入する事もできます。

cork6.png

デザインが決まったら保存しましょう。コルクボードに付箋が追加されます。

cork7.png

続いて「手書き」アイコン。タップして編集ボタンを選択しましょう。
文字を手書きして右下のチェックボタンをタップ。文字が決定されます。
この要領でテキストを作成しています。

cork8.png cork9.png

「写真」アイコンからは、カメラで撮影したり、ギャラリーから取り込んだ写真をボードに貼りつけることができます。
付箋と同様にピンや枠のデザインも選択可能です。

コルクボード上に配置された付箋や写真は配置、サイズ変更、傾きを編集することができます。

cork10.png

ウィジェットのデザインが決まりましたら実際にホーム上に配置してみましょう。
ウィジェットサイズを選択すると設定画面が表示されます。

cork11.png

・ボード・・・作成したウィジェットデザインを選択(初期作成は「デフォルトボード」)
・フレーム・・・チェックをはずすと背景(ボード)が非表示となります
・ツールバー表示・・・コルクボード下部に編集アイコンを表示させる
・高画質モード・・・チェック有り無しで比較しても、特に変化が見られませんでした。。

実際にホーム上に配置されたウィジェットは、編集時の画面と比較して若干滲んでるような気がしました。
しかしデザインとカスタマイズの幅も広く非常に使いやすいアプリだと思います。
ぜひお試しください。

androidボタン5 PCボタン5

Android端末からQRコードを読み取って
ダウンロード
アプリ名:コルクボードウィジェット
デベロッパー名:ELECOM CO.,LTD.
価格:FREE
関連記事
[ 2011/12/07 00:44 ] ホーム/ウィジェット | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukimushi119.blog136.fc2.com/tb.php/444-321ea0c3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。