スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Androidでのファイル表示/非表示について



当ブログにファイルマネージャー使用時のファイル表示/非表示のキーワードで訪問される方が
増えてきましたので、

file.png

今回はその方法について簡単にご紹介します。

詳細は「続きを読む」からどうぞ。





Androidでは、ビューワーやプレイヤー等でメディアファイル(音楽、動画、静止画)を表示しようとすると、
SDカード内のデータを全て表示してしまいます。中には人には見られたくないファイルもあると思います。

現状、ファイル単体を隠しファイルとして設定し表示させなくする方法は無いと思います。
1番簡単な方法は、SDカード内に専用のフォルダを作成して隠しフォルダに設定し、
ファイルマネージャーの表示設定で"隠しファイルを表示しない"としておくこと。
また、フォルダにパスワードをかけてロックする方法もありますが、こちらは自己責任でお願いします。
こちらの記事

それでは、アストロ、ESファイルマネージャーを例に隠しフォルダの作成と表示設定を変更してみましょう。

▼アストロ
まず隠しフォルダを作成します。
「MENU」から「新機能」→「ディレクトリ」を選択。

file2.png file3.png

「ディレクトリ名を入力」にフォルダ名を入力するのですが、文字の先頭に必ず.を入力してください。
これが隠しフォルダのフラグになります。
入力例) .test
ディレクトリタイプは標準でよいです。

file4.png

フォルダが作成されました。次に表示設定を変更します。
「MENU」から「ビュー」→「ビューの変更」を選択。

file2.png file5.png

「ディレクトリオプションの選択」をタップし、「隠しファイルを表示」のチェックをはずします。
これで隠しフォルダは表示されません。

file6.png file7.png

先程作成したフォルダが消えていることを確認してください。

▼ESファイルマネージャー
隠しフォルダの作成から。
「MENU」から「新規」→「フォルダ」を選択。

file8.png file9.png

フォルダ名を入力。文字の先頭に必ず.を入力してください。
入力例) .test

file10.png

フォルダが作成されました。次に表示設定を変更しましょう。
「MENU」から「設定」→「ファイルに関する設定」を選択。

file8.png file11.png

「隠しファイルを表示する」のチェックをはずします。

file12.png

先程作成したフォルダが消えていることを確認してください。

隠しフォルダに設定した場合、そのフォルダ内にメディアファイル(音楽、動画、静止画)が格納されていても
大半のビューワーやプレイヤーでは、基本表示対象となりません。
ただ、一部のアプリ(たとえばRockPlayer等)では、実行ファイルを指定する際に隠しフォルダも対象となり
表示されていしまいます。
アプリ毎に参照範囲を指定すれば見えなくなりますので個別に設定していきましょう。
関連記事
[ 2010/12/02 21:55 ] システム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukimushi119.blog136.fc2.com/tb.php/56-f834fcd7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。