スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

壁紙分割ショートカット作成アプリ「Pidget」



画像を編集してオリジナルの起動用ショートカットを作成するアプリ「Pidget」です。

pidget16.png

詳細は「続きを読む」からどうぞ。





まずアプリを起動すると初期設定画面が表示されますので指示に従って進めましょう。

pidget1.png pidget2.png

初期設定測定のためホーム画面上に「Pidget SetteingTool」ウィジェットの配置を指示されます。
画面左上に配置してウィジェットをタップ。続いて右下に配置して同様にタップします。

pidget3.png pidget4.png

測定完了です。
アプリ画面が表示され、測定された情報(解像度や適正なウィジェットサイズ、行列数等)が表示されました。

pidget5.png

画面下の「Crop&Slice」タブを選択して編集する画像を選択します。
グリッド線を移動させてトリミングしたい範囲(大枠)を決定。その後「CROP」をタップ。

pidget6.png

続いて画像の分割線を編集します。赤い線がスライスされる箇所です。
タップ&ドラッグで切断範囲を広げることができます。元に戻す場合はその場所をタップするだけでOK。
完成したら「SLICE」をタップしましょう。

pidget7.png

「Editor」タブから分割した画像の境界線の太さや丸みを設定することができます。
画像を選択して、「Border」から境界線の幅、「Corner」から角の丸みを好みに合わせて設定してみましょう。
完了したら「Save」をタップ。

pidget11.png pidget8.png

次は「Widget」タブから編集した画像を選択して、分割した個々の画像にアプリを割り当てラベルを設定します。
ラベルのテキストはドロップシャドウ、アウトラインやテキストの背景、位置等細部までカスタマイズが可能。
/sdcard/Pidget/fonts/にフォントファイルを格納すれば外部フォントも使用できます。

pidget12.png pidget13.png

編集が終わったら「OK」をタップ。ウィジェット配置のメッセージが表示されます。
配置する際はメッセージに記載されているウィジェットサイズ通りに選択しましょう。
まず一つ目完了。

pidget14.png

画像を選択→アプリ&ラベル設定→ウィジェット配置 のサイクルを繰り返して一つずつ並べていけば完成です。

pidget16.png

ドックやステータスバーを隠している方は、ウィジェット上下の隙間が左右と比べて開いてしまいますので
注意が必要です。

端末の解像度を調べて画像を加工して・・・という手間もいりません。
この手のデザインが好きな方にはもってこいのアプリだと思います。ぜひお試しください。

androidボタン5 PCボタン5

Android端末からQRコードを読み取って
ダウンロード
アプリ名:Pidget
【ホーム画面/アイコン編集アプリ】
デベロッパー名:diagonally
価格:Free
関連記事
[ 2012/11/25 20:24 ] ホーム/ウィジェット | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukimushi119.blog136.fc2.com/tb.php/652-2a2d510d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。